記事一覧

容器を見て思う事

私の実家は関西の田舎です。

志方

ロサンゼルスにやって来た30年前は、
手紙か高い料金の電話でしか両親と
連絡はとれませんでした。

今は、85歳の父が、
毎日母のメッセージと一緒に、
eメールを送ってきてくれます。

もち

『今日は朝早く餅つき機であられ用の餅をつきました。』
とか、書いてあります。

父は餅つきが大好き。

そのあられは母の友達に人気があるそうです。

あられ
(干してあるあられ)

そして数日たつと、
『今日は、美味しい焼き芋を作りました。』のメール。

いも

いっぱい作ったら、
これも母の友達のところへ嫁に行く。

実家に帰ると、おはぎやいちご大福、
ポテトサラダにちらし寿司、せっせと
友達の好物を作る81歳の母がいます。

もち2

このお餅も『嫁入り後、残った私のおやつ。』と
父が書いていました。


今日、弁当を食べた後、容器をリサイクルかごに
入れようとして、ふと両親の事を思いました。

弁当

こう言う容器に母はよく
あげたい物を詰めているのですよ。

友達と会うとなかなか帰って来ないらしい。

父が撮ったお餅の写真を添付していたら、
あんころ餅が食べたくなってきました。

今から両親に今日のメールを書きます。


クリックお願いできますか? 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村

ライフスタイル ブログランキングへ

アートブログこちら

Comments

Post a comment

Private comment