記事一覧

彫刻をみて思う

今日は、
リトル東京の日米文化会館/JACCCでやっている
書道展に行きました。

IMG_5319.jpeg

書道の事はまったく分からないのですが、
作品は抽象画みたいで楽しかったです。

“書道は紙の左右スペースをあけるように
書かなければいけないのですか?“と、
書家の方にたずねたら、
“まったく自由な書き方もありますよ“と、
おっしゃってたです。

IMG_5317.jpeg

この会館前の広場には
ノグチイサムの石の彫刻があります。
彼の作品が好きで、
昔、ドキュメンタリーやビデオを何本か見ました。
インタビューで本当に的を得た答え方を
する人だなあと感動したのを覚えています。

いつもは、
彫刻を見てそのまま通り過ぎるのですが、
今日は、ちょっと引っかかりました。
先月、アーティスト友達がね、
“ノグチはフリーダ・カーロと関係を
持っていたんだよ“と、話していたからです。

フリーダ・カーロが夫ディエゴの浮気に
苦しんだのは有名ですから、
それを聞いた時は、
なんだか嬉しくなったです。

私の父はゴシップ話が嫌いで、
小さい頃からウチでのゴシップは
NGだったので、
今日は彫刻を見て、
フリーダの顔が浮かぶと同時に
父の顔が浮かびました。

IMG_5324.jpeg

今日はここまでです。
昨日の絵には“Baa/メェ~“と言うタイトルを付けました。

読んでいただいてありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ
にほんブログ村

日記・雑談ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
Art Blog
Instagram
Etsy Shop

Comments

No title

イサムノグチと言えば札幌のモエレ沼公園を
造った事だけ知っていて行きましたが
50mの山まであって彫刻家と言うよりは
建築家と勝手に考えていました。
確かにビデオも用意してあったんですが
妹と一緒の上広くて自転車で回って暑くていい加減に見ていて
(アイスが頭にチラついていた 笑)ほとんど記憶にありません。(-ω-)/

フリーダカーロはこちらがご当地なのでお任せください。
フリーダは浮気者どころかしたたか過ぎるくらいの女性です。
今は博物館になっている彼らの(ディエゴとの)家ですが
2階に本妻のルピータが住んでいて彼女は2号さんのような形で住み始めました。
イサムとの事は知りませんでしたが彼らが参加していた共産党?の
ロシア人記者とはもちろん良い関係だったようだし、
両刀で本妻のルピータと結構仲良くやっていたようです。

映画が何本も作られていますが最も近年の
サルマ・ハヤット主演のものは確か”衣装”部門で
アカデミー賞受賞したようなので機会があれば見てください。

かぐや姫さん

フリーダ、そうでしたか。大昔にドキュメントを一本観ただけなのですが、かなり偏った視点だったのですね。ディエゴに振り回された短い人生と思っていたので、かぐや姫さんのコメントを読んで嬉しくなりました(笑)映画サイトで見てみますね。

Post a comment

Private comment

Profile

artpants

Author:artpants
一人暮らし60代絵描きです。ロスに37年