記事一覧

似てると言われる

散歩をしていると、すれ違った男性から
“Where is Waldo? だね“と言われました。
しばらく歩いていると、
今度は若い女の子から言われた。

IMG_3941.jpeg

“Where is Waldo?” 日本語では、
“ウォーリーをさがせ“と言う絵本です。
そう言えば、息子が小さい頃持っていました。
ページを開くとビーチや公園などに、
小さな人がわんさか描いてあって、
その中から男の子“ウォーリー”を探すゲームです。

ウォーリーだけのイラストに
著作権対象の可能性ありと書いてあるので、
残念ながらポストできないのですが、

IMG_3989.jpeg

ちょっと上の写真の私の服装に似ています。
赤と白の縞のTシャツにジーンズ、
丸いメガネをかけている。

ウォーリー、アメリカではウォルドーになっています。
ウォーリーは、
イギリス人の作者がつけたオリジナルのようです。
ところが、
フランスではチャーリーだそうです。
そして、ドイツではウォルター。
他にも国によって違う名前が付いています。
理由はなんでしょうね…

IMG_4004.jpeg

これで終わりです。
タイトルは“Do Nothing_2/な〜んもしない_2“

読んでいただいてありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ
にほんブログ村

日記・雑談ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
Art Blog
Instagram
Etsy Shop

Comments

No title

コロナ前ですがハウステンボスのハロウィンイベント
で娘とウオーリーの格好をして参加、人数は忘れましたが
ギネス達成しました。
ハウステンボスのチケットと帽子・メガネ・Tシャツが込みの
値段が安く、ギネス規定が厳しくジーパンを持ってない人は
無料貸出してました。
今でも、帽子・メガネ・Tシャツを持っているので
いつでもウオーリーになりきれます(笑)

赤と白のストライプ

おはようございます。
ストライプの幅がもう少しあったら、全くそのままウォーリー!
どこを見ても、ウォーリー関連のイメージばかりという程、一世を風靡しましたね。

この葉さん

わあ〜本格的な人がいた!その上ギネス達成、凄い

yokoblueplanetさん

こんにちは〜

忘れていたので、どんな格好だったかな?と検索しました。笑ったです。
知り合いはいつも上が黒でジーンズ、心の中でスティーブ・ジョブズと呼んでいます(笑)

Post a comment

Private comment

Profile

artpants

Author:artpants
一人暮らし60代絵描きです。ロスに37年