記事一覧

じ〜んとくる瞬間

昨夜雨が降って、
スマホの“今日の空気“が“GOOD“になっています。
急いで昼過ぎ散歩に出ました。

ここんとこ、スモッグがひどくて
いつも、“人によっては不健康“の表示でした。
この“人によっては“は疑わしい表現やねえ。

8910252F-8A67-41CF-97A0-86FA1C96C0F0.jpeg

散歩途中、
今年オープンしたバスキアの展示場に寄りました。
この人の絵はいつ見ても面白いです。
絵に勢いがあって、“コワイものなし“と言う感じです。

作品を見ていると、
マイルスデイビスが流れてきて
ちょっと泣きそうになりました。
なんでしょうねこの気持ち…
音楽やビジュアルアートや書物や、
作った人が逝った後も、
ずっ〜と人の心を動かすところが良いです。

E9BF2ACA-F779-445A-9884-E0CDFDD86262.jpeg

後、展示場を出て歩いていたら、
旦那が電話をかけてきました。
バスキアの事を言ったら、
“作品、高いんだろうねえ“と言うので、
“高い高い、
入場券も予約なしで行ったら$40だったわ“と、
一気に現実に戻ったのでありました。

09EF5CB5-35A5-4F72-8CF2-C76B9680FA2A.jpeg

今日はここまでです。

読んでいただいてありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ
にほんブログ村

日記・雑談ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
Art Blog
Instagram
Etsy Shop

Comments

本当!

おはようございます!
「作った人が逝った後も、 ずっ〜と人の心を動かすところが良い」、本当にそうですね。
マイルス・デイビスの人生は、もうそれだけで心に訴えかけてきますから、よくよく感じたら、涙も流れてしまいます。言葉にならない深い所から揺さぶってくるもの、強烈です。
前記事のホームレス問題、SFもかなり酷い状況になってます。
精神的に不安定な人たちも多いので、対処が難しいです。
2005年に出版されたJeanette Walls の”The Glass Castle"というタイトルの自伝があるのですが、彼女の両親は定住ができず空き家に居座ったり、キャンプ生活だったりを子育てをしながらも続けます。お母さんには十分な資産があり、ホームレス的生活をしなくても、子育てができるはずだった;お父さんは夢見る心豊かな人間だけれど、生活力が無い。福祉課に狙われるような状況だったわけですが、一般的な社会のルールからは外れているけれど、果たしてこの生活スタイルが「犯罪」となるのか。囲いの中では暮らせない人たちも一定数いる訳で、監視が厳しくなりつつある今、彼らの存在はこれからどうなるのか、気になります。

yokoblueplanetさん

こんにちは〜
マイルスの音色からは深い“sadness”を感じます。
あの音は彼の感性がインテンションに作ったと思うのですが。
Jeanette Wallsの両親がホームレスを選ぶ意図はなんだったのでしょう?
私が高校生の時反政府の青年が税金を払わない代わりに社会福祉も受けない。と
ホームレスを選んでいるラジオを聞いた事があります。
社会復帰を望んでいるホームレスを助けるプログラムをもっと早く進めて欲しいです。
若いホームレス目当てのヒューマントラフィックが増えているそうですから、
これも大きな問題ですよね。

社会復帰を望むホームレス

おはようございます。
若いホームレスが社会復帰を望む場合、就職する時の1番の問題は、定住地が無い事なんですよね。これは行政で何とかなると思うのですが、対策が遅れてるのは、意図的なのか、それともホームレスにしておくメリット(ヒューマン・トラフィッキングなど)があるのか?日本の少子化問題(非正規雇用が労働人口の50%近い)と同じような不可解さです。
ジャネット・ウォールズのお父さんは単に社会生活不適応者だった可能性(アルコール問題があった記憶)がありますね、そして画家であるお母さんも同じような印象ですが、それを一種の精神障害と呼ぶべきなのか、それともある一定数、社会のルールに適合できない人たちがいると言うべきなのか。。。この線引きは難しいです。
子供たち(三人だったと記憶)は、安定しない生活を続けながらも、ジャネットは社交界に入るまでになり、弟と妹も専門職を身につけ、社会生活を送っていました(発刊された時に読んだ記憶だと)。お父さんがジャネットに話す夢が素晴らしく、何故ジャネットがこの自伝を書いたのかが分かるような内容でした。

yokoblueplanetさん

こんにちは〜
市からのメールによると、ハウジングの準備プロセス、人権、等の障害がたくさんあるので簡単にすすめられないような内容でした。(言い訳かね〜)ロスのバス市長が大きなバジェットをホームレス対策に予定している記事を読んだです。どうなる事やら…
ジェネットウォールズと弟妹は両親から愛情を受けて育ったのでしょうね。大金持ちの息子2人が両親を撃ち殺した事件もありましたから、どう言うかたちで生活をするのかはあまり大事でないような気がしますね。

Post a comment

Private comment

Profile

artpants

Author:artpants
一人暮らし60代絵描きです。ロスに37年